前回の記事の最後に「冬用の帽子を買った」と書いた。

記事を公開したあと「結局買うんかい!」というツッコミが聞こえてきそうだな~と思った。

いや、聞こえてきそう、と思っている時点でそれは自分の心の声なのだろう。

減らすんじゃなかったの?っていう...。

 

しかし、ミニマリストを目指してたって必要なら買うのである。

というか、欲しければ買います。

買い物は悪ではないし、持つ喜びもある。

ただし自分のゴールを意識すること、今は「減らす」に集中する時、と自分でわかっていることが大事だ。

それでも欲しいものに出会ったら、それは本当に必要なもの、本当に欲しいものだと思う。

※あと今回は買った分手放すので、実質プラマイゼロである。

 

さて、今まで使っていた冬の帽子は2個あるのだが、どちらもサイズに問題があった。

使うたびにキツイとかデカイとか気になっていたので、好い加減に処分する(グレーのは貰い物なので以前の持ち主に聞いてみる。ベージュのはフリマに出して、売れなければ寄付する)。

 

f:id:freeandlight:20170904015059j:plain

↑右のはなんだかんだで4年くらい使った。

 

入れ替える帽子はこちら。

これらは自分が出品中のリサイクルショップで見つけたもので、2つで4ユーロ(520円位)だった。

 

f:id:freeandlight:20170904015036j:plain

 

どちらも新品ではないが、型崩れも汚れもない良品である。

2つ買ったのは、ほぼ毎日使用することを考えてのことだ(北欧の冬は帽子がないと死ぬ)。

薄手の素材なので、室内でおしゃれ帽子として被ってもかわいいかもしれない。

 

青い方はなんとなくサーミの民族衣装っぽい柄だと思ったら、案の定メイド・イン・フィンランドであった。

しかし私が被ると、東南アジアの少数民族風になるのが不思議だ(笑)。

 

f:id:freeandlight:20170904020403j:plain

↑頭頂部にサイズ調整のヒモがついている。ちょんちょこりんみたいで可愛い。

 

冬が楽しみである。