日本人の英語レベルの低さを改善すべく、2011年より小学生からの英語教育が開始されましたが、その授業の実情はというとまだまだ課題があるように思います。

例えば、ある授業では先生が黒板にバナナの絵を書き、「せ~の、バナ~ナ」と皆で声を合わせて音読する程度。

そして、授業内容は教える先生によって差があったり、授業頻度は週に1度程度しかないのです。つまり、小学生の英語教育の目的は、英語の親しむとか英語を楽しむ程度のものであるというのが現状で、寧ろ変な発音の癖が付いてしまうだけだ、という声も耳にします。

f:id:youshouki-eigo:20160425175039j:plain

では、中学生、高校生はといえば、これまで通りの単語や文法を覚えるといった暗記中心の英語学習です。最近ではテストでリスニング問題が依然よりも重視されるようにはなってきていますが、英会話力は全く問われません。 

そのため、義務教育の中で学んだ英語は、文章問題を解く力はかなり身に付き、覚えた単語数も日常必要なものは十分学んでいるのですが、いざ会話となると話せない。そして、ネイティブの速い英語を聞き取ることもできないという状態を生むのです。 

ですので、私の考えとしてはやはり学校の英語教育だけでは、実戦で使える生の英語が身に付かないと思います。

 なので、学校の英語教育とは別に子供に英語を学ばせる機会をつくった方が良いと思います。

そして、可能であるならそのタイミングは早ければ早い方が良く、幼少期のうちから外人と接する機会をつくり、生の英語に触れされる機会を親が進んで作ってあげるべきだと思います。

今、世界はあらゆるものが発展し、国同士の垣根が今まで以上に簡単に越えられる時代になってきました。

日本は島国なのであまりそういった意識は低いのですが、一歩外へ出れば日本語はとてもマイナーな言語です。

それを自覚し、私たちの時代が英語なしでも生きてこれたから、自分の子供にも英語をな学ばせなくても大丈夫だ!と思うのは間違っているように思います。

私たちが生きた時代とこれから子供たちが歩む時代はまるっきり変わる可能性があります。なので、早いうちから子供に英語教育をさせるべきだと私は思うのです。

 

※ブログランキングに参加中※

皆さんのクリックでブログのランキングが上昇します。

できればこちらを1クリックして頂けるとありがたいです↓

にほんブログ村 英語ブログ オンライン英会話スクール・教室へ