ふとしたことで、過去の恐怖体験を思い出し囚われてしまう。

これをトラウマと言うのだろうか?

思い出したくない感覚にずっぽり浸かって、目の前の楽しい出来事ですら苦痛なものに変わってしまう。

 

何がそんなに怖いのだろう?

私は何と戦っているのだろう?

 

客観的に見れば、そんなことでこんなに苦しんでいるのはおかしいと思う。

そんな些細な事、なんとでもなるし、未来の不安など考えたって無駄だということもわかっている。

それでも、憂鬱でしんどくなる。

 

最善をつくしたつもりでいたけれど、罵倒された。

避けようのない結果。

自分の力ではどうしようもない、神の采配。

その事に悩み苦しむことなど無意味。

 

明日は明日の風が吹く。

そう母が言っていた。